勝ちから学ぶくせをつける

2009 年 12 月 8 日

先日、知り合いの方と話している時にそんな話になりました。誰か有名な人が言っていた的な内容だったのですがアルコールもありであまり覚えていません。すいません。

普通、負けたり、失敗した時は何がだめだったかを検証して次にいかします。
ただ、原因を探っても予想にしか過ぎず(最後は運が悪かったなどとなては最悪)、好転させることは容易ではありません。

では勝ったり、成功したときは何故そうなったかを検証するでしょうか。
普通あんまりしません。
やった、よかった。さすが、がんばった。
これで終わり。
私もその部類でした。

ただ、その話の中で勝ったときこそ、何故勝ったかを検証すべきという話を聞いたときになるほどその発想はなかったと思いました。よく考えれば、思いつきそうなのになぜ今まで気づかなかったんだろう。
おそらく負けて検証するより、今後のためになる確率は高いと思います。(精神的な部分含め)
予想になるという点については負けた原因を考えるときと同様であるとも思いますが。

もちろん負けたときに仕方がないで終わらせて良いとは思いませんし、きちっと何がだめだったかを考えなくてはならないと思います。
これはプラスで勝ったときもしようよというご提案。

みなさんいかがでしょうか。
普通だろのツッコミはなしでお願いします。

まだ読んでないが気になる本。

成功は一日で捨て去れ
成功は一日で捨て去れ

posted with amazlet at 09.12.08
柳井 正
新潮社
売り上げランキング: 93
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrShare on LinkedIn

コメントは受け付けていません。

Top Of Page