マーケットをつくる

2009 年 11 月 17 日

今日の某打ち合わせで、クライアントさんからこんな話がでた。
うちが納品した制作物について現在のマーケットに合うのもを提供していると言う意味ではマッチしているし、方法としてよいと思う。

ただうち(クライアントさん)はそうじゃない。
少ないマーケットのためにブランドを崩すのではなく、ブランドを通して新しいマーケットを作ればいいじゃんと。

担当者ではない方で横を通りかかっただけのフラっと話での意見なので今回のブツに対してどうこうとかいうのではないのですが、そこで企業としてのアイデンティティ(言った方の個人的な部分を含めて)の部分を聞いたわけです。しかしハっとした。

私はいつもできるだけ大きな皿の上で話ができるよう思考をめぐらせているつもり。ただ、これを聞いてハっとしたということは、ありきで仕事してんじゃないのってことです。
今回はこういう目的で、こういうターゲットにこれを訴求したいと。
それを元に一番適しているものを考え、作るわけです。
これはすごく自然で当たり前なことです。

でもこれはそこから考える?みたいな意見でした。
一見それをいっちゃあかもしれませんが、これがないと提案の天井があるということ。

弊社はWEB制作会社というジャンルに属するわけですが、これを作ってという仕事よりはこういうのん作りましょうの方がほとんどです。その場合、あのような意見が我々からでてもおかしくないと思います。

思っているよりもう1つ上で考えてみよう。

関係あるかはわからないけど

次世代マーケティングプラットフォーム 広告とマスメディアの地位を奪うもの
湯川 鶴章
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 5153
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrShare on LinkedIn

コメントは受け付けていません。

Top Of Page