企業サイトやサービスサイトにおけるFacebookいいねの使い分け

2012 年 2 月 1 日

Facebookを使っている方なら毎日のようにいいねを押したり押されたりを目にすると思います。
今回はそのいいねについてちょっと。

いいねには(たぶん)2種類あって、Fbの外のページそのものにいいねしたり、Fb内の友人などの投稿に対するいいねFbページにいいねの2つです。
ちょっとわかりにくいですが、よくあるのはブログの記事にいいねしてシェアされるものとFbサイトにジャンプしていいねを押してねみたいなので押すいいねのことです。

違いは前者の場合、履歴としては残るがおそらくパーソナライズやエッジランクに使われるだけでアプリを使えば見れますが、普段何にいいねしたか気にするほどでもないもの。後者はFbページに対するいいねで、これは一度いいねすると自分のニュースフィード上に流れてくるということ。(もちろんいいねをやめることもフィードに流れないようにもできます。)
なので、各企業やお店などのFbページはユーザを繋がっておきたくて必死でいいね押してねって言ってるわけですね。
呼び方があるのか知らないので、仮に前者を使い捨てライク、後者をFbページライクと呼びます。

最近、というか前から思ってましたがこのFbページライクが昔のメルマガ登録と同じで押してもらうための色々がいちユーザとしてちょっとうざいです。まだやってないのにいいねしたら見れるとか。終わった後にいいねだろと思いますが。まぁFbページライクの場合、いいねの意味が「会員登録」に近い気がするのであれですが。この話は今回と違うのでおいといて。。

前置きが長くなりましたが本題。

企業サイト、サービスサイトなど原則期間限定でないサイトのトップページなどで、どのいいねをどう配置するのがベストなのかなと。

まず、

それぞれの特性

  • 使い捨てライクの場合
    ニュースフィードに流れる(ウォール(タイムライン)に投稿される)。ただし短期的、そのユーザと繋がりは薄い。
  • Fbページライクの場合
    アクティビティとして処理されるのでニュースフィードには流れない。ただしそのユーザに情報を流し続けられる。

ユーザー側からすると、

  • 使い捨てライクの場合
    気軽に押せる、友達にシェアできる。
  • Fbページライクの場合
    自己情報としてのお気に入り登録される、ニュースフィードに流れてくる。ハードルが高い。

つまり

使い捨てライクを設置すると気軽に押せてニュースフィードに流れるわけですからバズりやすいというメリットがある代わり、それは短期的になります。Fbページライクの場合、長期的に各ユーザとは付き合えるが、押されにくい、広がりにくいとなります。
もちろん、アプリやその他仕掛けでそれを補えばいいんですが、今回はいいねボタンそのものの話ということでお考えください。

で、どっちをどう配置すればいいのか

理想的には両方を設置し、押してもらえると非常に嬉しいんですが、たぶんよっぽどいいねでない限りなかなか2つとも押してくれないです。
おそらく、いいねの種類を理解して押している人もそう多くはないかもしれません。
僕なりの結論としては、
「期間が限定されていないサイトでは使い捨てライクは設置しない。」
です。
理由として

  • もともとの意味としてはそれが正しいはず。
  • いいねの意味を理解して使い分ける人はブラウザのエクステンションなどで使い捨てライクの機能をもってんじゃねぇの。
  • 最初だけバズっても2週間で閑古鳥は嫌じゃん。

です。
シェアされたい下心はやまやまですがここは男らしくそうしようと思います。
もちろん、各詳細ページなどに使い捨てライクを設置するのはいいと思います。

つっこみどころやご意見はあると思いますが、僕はそう思いますという一意見としてください。仕様面あやしいまま書いてるのでそこはちげーよは教えてください。

あっ、書いた後気付きましたがもちろん、Fbページを持っているサイトです。ないFbページにいいねできませんから。念のため。

それでは張り切って、使い捨てライク押してください。すぐ下にありますね~

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrShare on LinkedIn

コメントは受け付けていません。

Top Of Page