デザインのひきだし13

2011 年 6 月 22 日

この本、知らなかったのですが先日OpenCUで行われたAR三兄弟・川田十夢さんの全日本広告プロトタイプ委員会 (ゲスト:佐藤直樹さん)を見なながらポチりました。
USTはアーカイブでみれます。

デザインのひきだし13
デザインのひきだし13

posted with amazlet at 11.06.22
グラフィック社
売り上げランキング: 1437

以下グラフィック社より

デザイン・印刷・紙・加工テクニック情報が満載!
今回の特集は「少部数から使える、刷りも価格もステキな印刷!」です。

自分の発想したデザインを、いかに効果的に印刷/加工表現するか。そんなデザイナーに必須な印刷・紙・加工などの技術情報をわかりやすく紹介する『デザインのひきだし』。第13号である今号では「少部数から使える、刷りも価格もステキな印刷!」です。身近にある小さな印刷所では、「ピンクマスター」や「レトロ印刷」「デジタル孔版印刷」といった昔ながらのステキな印刷や、最新のオンデマンド印刷など、さまざまな特徴ある印刷ができる!という今まで見たことのない特集です。付録満載で永久保存版の1冊です。

第1特集
「ピンクマスター、デジタル孔版印刷、青焼き、ガリ版、オンデマンド印刷などなど少部数から使える、刷りも価格もステキな印刷!」

印刷というと「オフセット印刷」であるというのが、ほぼ標準になっている現在。でも町を見回すと、そこには「スピード印刷」とか「軽印刷」など、どうもふつうのオフセット印刷とは違う雰囲気の印刷がある。これらの印刷には、独特の素朴なよさがあり、なんといっても、早くて安い! そこで本書では、日本初であろう、これら「軽印刷」の魅力を余すところなくご紹介。紙の版を使う「ピンクマスター」や、デジタル孔版印刷、青焼きやガリ版、そして最新のオンデマンド印刷まで、少部数(もちろん大部数でも)で安くでき、かつステキな刷り上がりの印刷を、ドドンとご紹介します。

第2特集
デザイン対談・対談・対談!
今話題の若手デザイナーが、話を聞いてみたい人気アートディレクターに直撃! そのデザイン思考からノウハウまでを、どーんと聞き出します。登場するのは、平野甲賀×大原大次郎、尾原史和×原田祐馬、寄藤文平×佐藤直樹という豪華メンバー。ここでしか聞けない、デザイナーの本心が明かされます。

特別付録
第1特集連動のステキ印刷37枚
+ステキ印刷頼める会社リスト
+色ライナー+疑似レンチキュラー印刷
+ウーペに箔押し実験+書体早見帳
2011年06月発行
B5判 
総144頁
定価:本体2,000円(税別)
978-4-7661-2244-2 C3070 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrShare on LinkedIn

コメントは受け付けていません。

Top Of Page